無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

# 26 ごめんなさい…





私がぎゅーとトミーくんに抱きつくとそれに反するようにトミーくんは私を包み込んでいた暖かい手を離した 。




トミー さん
トミー さん
あの…すいません… これは__




トミーくんは横を向いて謝っている 。

さっきまで頬を赤くしていたのが嘘かのように顔が真っ青になっている










私は「 なんだろう 」 と思い 、 私も横を向いた























あなた

ぽっ…きー…くん











.









ポッキー くん
ポッキー くん
何やってたの? ( ニッコリ




さっきまでの出来事が嘘かのように頭が真っ白になる 。







どうしよう






ポッキーくんを悲しませちゃった。 ポッキーくんに失望されちゃったのかな。 ポッキーくん…ごめんなさい。ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい___





あなた

ごめんなさい……ごめんなさい………








私はポッキーくんに嫌われるのが怖くて必死に手足が震えるまで、謝り続けた 。








悪い子になってごめんなさい 。