無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

# 7 よろしくね
みんな話してて楽しかったな…。

仕事が休みの時遊びに行ってみよ ...♪*゚


ポッキー くん
ポッキー くん
あなた。おまたせ
あなた

あ!ポッキーさん__

ポッキー くん
ポッキー くん
あなた、あの時の返事決まった?


な、なんかポッキーさん怒ってる…?


あなた

う、うん(汗
決まったよ…?

ポッキー くん
ポッキー くん
じゃあ今教えて欲しいな
あなた

う、うん…。


是非よろしくお願いします(ニコッ

ポッキー くん
ポッキー くん
ほんと…?!?!

すっごく嬉しい!よろしくねあなた(ハグをする)
あなた

ぽ、ポッキーさん?!




今、ポッキーさんにハグされてる…?!







やばい、ドキドキ止まらない。。



ポッキー くん
ポッキー くん
あ、ごめん嬉しすぎて……/////
あなた

そんなに嬉しかったんだね////

ポッキー くん
ポッキー くん
うん

だって付き合えばあなたは他の男の人を好きにならないし誰よりも多く側にいれるでしょ…?(ニッコリ)
あなた

そ、そうだね。!

けどポッキーさ___

ポッキー くん
ポッキー くん
他の男の家とか行っちゃダメだよ。
ないと思うけど男だけのシェアハウスとか(ニコッ

もしあなたが隠れて行っても分かるからね…?
え………?




ポッキーさんもしかしてテオくん達のシェアハウスの事言ってるのかな………。










聞いてたのポッキーさん…?






怖い___





今までのポッキーさんじゃない__






逆らっちゃいけない。











私のいつの間にかそう思っていた
あなた

うん!い、行かないよ…?

ポッキー くん
ポッキー くん
そっか!よかった☺️

いつものポッキーさんだ









なんだ、私の勘違いか_








付き合った瞬間束縛とかDVとかうけるってよくあるけどポッキーさんそんな訳ないもんね






絶対に







あなた

け、けどすごく仲のいい女の子の友達と一緒に男の友達の家に遊びに行くのもダメ…かな?

ポッキー くん
ポッキー くん
あなたが  "一人"  じゃなきゃ大丈夫だよ
あなた

わかった…!

ポッキー くん
ポッキー くん
うん!約束!
あなた

約束!

ポッキー くん
ポッキー くん
あ、あとね!
あなた

うん

ポッキー くん
ポッキー くん
正式に付き合う事が決まった事だし一緒に住みたいなって思ってて…笑
あなた

……え?!

ポッキー くん
ポッキー くん
突然すぎるよね笑
さっき決まったばっかりなのに…笑
あなた

ううん!ポッキーさんと住めるのが嬉しくて嬉しくて…///

ポッキー くん
ポッキー くん
(照れてるあなた…。またギューってしたい)

え、嬉しいな…///
あなた

け、けどね!まだ引っ越してそんなに経ってないしカフェもこの時期バタバタしてるから住むのもうちょっと先でもいいかな…?

ポッキー くん
ポッキー くん
(そんな可愛い顔して言われたらやだなんて言えないよ…)

うん!大丈夫だよ!仕事に余裕出来てきたら一緒に物件みにいこうね!
あなた

うん! ポッキーさんと住むの楽しみだな…///

ポッキー くん
ポッキー くん
僕も…/// ってあなたっていつも僕の事   さん  付けだよね笑
あなた

なんか さん付けが慣れちゃって…笑

ポッキー くん
ポッキー くん
僕のわがままなんだけど一緒に住む時までには さん付けじゃなくて くん付けになって欲しいなぁ…。


ポッキーさんにお願いされたことが中々断れないのが私の弱い点だ


あなた

が、頑張るね!💪

ポッキー くん
ポッキー くん
ほんと?楽しみにしてるね(ニコッ
あなた

うん!



しばらくの間沈黙が続いた


ポッキー くん
ポッキー くん
あー、と 

改めてよろしくお願いします僕の彼女さん(ニコッ
あなた

こ、こちらこそよろしくお願いします彼氏さん!!/////

ポッキー くん
ポッキー くん
うん!///

じゃ、じゃあまた明日!
あなた

うん!



好きな人と付き合えるってこんなに気持ちがふわふわするんだ __
―――――――――――――――
ポッキー くん
ポッキー くん
あなたと一緒に住んで誰よりも独り占めできて____はやく一緒に(僕のモノ)ならないかなぁ…
―――――――――――――――――
あなた

はやくポッキーさんと住みたいなぁ…



――――――――――――――――――
???
あなたになにか嫌な事が起こりそうな気がすんなぁ…






誰かがそう呟いた_____