無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

# 1 はじめまして
ポッキー くん
ポッキー くん
こ、こんにちは
あなた

いらっしゃいませ!

初出勤で初めてのお客様接待。
あーすごく緊張する!!

ポッキー くん
ポッキー くん
注文いいですか?
あなた

はい!どうぞ!

ポッキー くん
ポッキー くん
えっと、じゃあコーヒーと納豆スパゲッティで
あなた

わかりました!

コーヒーと納豆スパゲッティの組み合わせなんて頼む人いるんだなぁ、、そう思いながらその場を後にした
*☼*―――――*☼*―――――
あなた

お待たせしました!

ポッキー くん
ポッキー くん
あ、ありがとうございます
ポッキー くん
ポッキー くん
え、あ、え?戻らなくても大丈夫なんですか?
あなた

はい!
このお店では入口の看板に書いてあるとおりお客様が注文した物を食べている間お客様とお話ができる時間が設けられておりまして…。
お客様が嫌であった際にはその時間がなしになるしシステムなんです。

ポッキー くん
ポッキー くん
そうなんですね。看板みてなかったからどうしたのかと…笑
あ、笑ってくれた。
あなた

看板をみてなかったら驚きますよね笑

ポッキー くん
ポッキー くん
はい笑
そういえばすごいこのお店綺麗ですね
あなた

ありがとうございます!
私も今日初出勤なので同じ事思いました

ポッキー くん
ポッキー くん
あ、そうなんですか?おめでたい!!
あなた

ありがとうございます!お客様が初めてなので祝ってくださってとても嬉しいです

ポッキー くん
ポッキー くん
ぼ、僕が?!なんか僕も嬉しいです笑
あなた

ほんとですか?!

ポッキー くん
ポッキー くん
はい笑
あ、あとこのスパゲッティとコーヒーすごく美味しかったです!
あなた

ありがとうございます!
店長に言っておきます!
お客様と話せてとても楽しかったです。またお越し下さい☺️

ポッキー くん
ポッキー くん
またきますー!
*☼*―――――*☼*―――――

さっきのお客さんすごい話してて楽しかったな…。また来て欲しい。
もうこんなお店で働けて幸せ…

私は充実して幸せな人生を送っていた。


そうあの日がくるまでは _____。