無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

# 3 再会と告白
あなた

もうちょっとかな

腕時計がもうすぐ1時の針をさそうとしていた
???
わ!
あなた

ひゃ!

ポッキー くん
ポッキー くん
ごめん!びっくりした?
そう言ってポッキーさんはいたずら子っぽく笑う
あなた

びっくりしましたよー!

ポッキー くん
ポッキー くん
ごめんごめん笑
じゃあ行こっか!!
そういってあなたの手を握る
あなた

ポッキーさん…?

ポッキー くん
ポッキー くん
ああ!ごめん!繋ぎたくなって…💧
だめかな…(じっとみる)
もう私の心臓はバクバクだった
あなた

いいですよ…///

ポッキー くん
ポッキー くん
ありがとう…///
そう言って手を握りながら楽しんだのも束の間

もう夜になっていた
ポッキー くん
ポッキー くん
お腹すいたね。あ!このお店にしない?
あなた

美味しそう!ここがいいな!

もう敬語を忘れるくらい仲が良くなっていた。


まるで恋人のように
(カフェの)店員さん
いらっしゃいませ。お好きな席をどうぞ
ポッキー くん
ポッキー くん
ありがとうございます
みた感じ明るく食べ放題のお店だった
あなた

なんか明るくていいお店だね

ポッキー くん
ポッキー くん
そうだね
(カフェの)店員さん
お席が決まったようなのでお好きな食べ物をお取りになってゆっくりお楽しみください
ポッキー くん
ポッキー くん
ありがとう
ポッキー くん
ポッキー くん
あなた一緒に行こう?
あなた

あ、いいよ!いこ!

―――――――――――――――
あなた

なんかどれも美味しそうだね!

ポッキー くん
ポッキー くん
うん!全部食べたくなるくらい美味しそう
ポッキーさんと楽しく会話をしながらどんどんお皿に食べ物をのせていった
???
あれ?!あなたじゃね!?
???
ほんとだ!!!
あなた

誰…?ってじんくんとテオくん?!?!

テオくん
テオくん
そうだよ!!やべーなつw
久しぶりー
じんたん
じんたん
なつすぎるわ!!連絡くらいよこせよー!w
あなた

ごめんごめん笑
色々引っ越して忙しくて時間に余裕できたら連絡するつもりだった!

テオくん
テオくん
あ、そかそかw
じんたん
じんたん
あなた!隣にいる人彼氏さん?!
あなた

えええ!違うよ!カフェで働いてて仲良くなったの☺️

じんたん
じんたん
(やっぱあなたかわいい…すき。)

あ、そうなんだ!!ま、仲良くな!
連絡よこせよー!また遊ぼうぜ👀
テオくん
テオくん
そうだよ!遊ぼうぜ
あなた

うん!遊ぼうね!

テオくん
テオくん
じゃあな!
じんたん
じんたん
じゃね!
あなた

じゃあね!

ポッキー くん
ポッキー くん
(お辞儀をする)
あなた

ご、ごめんね!まさか会うと思わなく…

ポッキー くん
ポッキー くん
大丈夫だよ。ほら行こ?
あなた

う、うん

ポッキーくんは手を握って一緒に席に戻った。

昼間の時とは違く、強く握られて_
ポッキー くん
ポッキー くん
ここのお店美味しいね
あなた

そうだね

私がテオくんとじんたんと話してる時のポッキーさんすごく怖かったな…。
すごい冷たい目してた。。
けど今はいつものポッキーさんでちょっと安心
あなた

そういえば言いたいことって…?

ポッキー くん
ポッキー くん
あ、そうだった!
あのさ…照れくさいんだけど…。
あなた

うん…

ポッキー くん
ポッキー くん
ぼ、僕と付き合ってくれませんか…?
あなた

…?!?!?!
ぽ、ポッキーさんそれ本…

ポッキー くん
ポッキー くん
あ、これ本当に。

本当にあなたが好きなんだ。返事はいつでもいいからあなたゆっくり考えてまた教えて欲しい
ポッキーさんがこんな真剣な目をしているのをあなたは初めてみた
あなた

あ、うん

ポッキー くん
ポッキー くん
これ僕の連絡先だからもし返事が決まったら連絡してほしいな(ニコッ
あなた

わかった!登録しとくね!

ポッキー くん
ポッキー くん
ありがとう (ニコ
じゃ食べ終わったことだしそろそろ行こっか
あなた

うん!

ポッキー くん
ポッキー くん
今日すごく楽しかった!また二人きりで会いたいな…。
さっきのこともあってか、ポッキーさんの一言一言に胸がドキドキする。
あなた

そうだね!!また行こうね!

ポッキー くん
ポッキー くん
じゃまた明日カフェで!
じゃ、じゃあね!(手を振る)
あなた

うん!また明日!

私はポッキーさんと話せる!と明日がいつも楽しみになっていた__