無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

# 01




あなたside






いつもの朝

いつもの景色

いつもの学校





最近の学校って楽しくない

うん。楽しくない





だって○○くんにひとつも近づけないんだもん







いつもいつも邪魔が入って

私と○○くんは結ばれてないんじゃないかなって




は~、、、、、、

周りの女の子の目が痛いし

冷たい雰囲気の中教室にいるのも辛い





せめて○○くんだけは私のものになって欲しい

○○くんとなら私頑張れるのに




なんて考えてたらもう時間

朝ごはんも少ししか食べれない

痩せれるんじゃない!?!?

痩せたところで○○くんは振り向いてはくれない





















私
いってきます!
雄 登
雄 登
遅いぞ~
私
ごめん(笑)
今日も髪の毛ボッサボサでさ
飛 貴
飛 貴
まあいつもの事だからいいじゃん
ボサボサはいつものこと
私
ひだかうるさい!
気にしてんだから!!
飛 貴
飛 貴
ごめんごめん笑笑
龍 我
龍 我
でもこんな時間かけて髪の毛セットしなくても
充分サラサラじゃない?
私
そ、そう?
い!いや!全然!!!
何言ってんの?龍我!
龍 我
龍 我
女子ってほんっと謎だよな







そう、この人




この人、

佐藤龍我こそが私が10年間の片想いしてる

好きな人









飛貴とか雄登とかと違っていつも優しい

こういう所とか顔とか(笑)

全部含めて私は好きになったんです



























NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る