無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

# 04




屋上___
雄 登
雄 登
なに?話って
私
いや、そんな重い話じゃないんだけど
私
あ、これ一世も知ってて
雄 登
雄 登
うん
私
私好きな人いるのね、
雄 登
雄 登
うん

あ、めっちゃ冷たい(笑)
私
分かる?
雄 登
雄 登
わかんない
雄 登
雄 登
俺?
私
なわけなくて笑笑
雄 登
雄 登
だよな笑笑
雄 登
雄 登
俺ってことは龍我?
私
そう笑笑
雄 登
雄 登
だよな
今日違和感感じたもん
私
それでさ
一世からミッション貰ってて
雄 登
雄 登
なに?!
私
シャーペン借りることと
2人でスタバ行くことなのね、
雄 登
雄 登
あーで、俺に手伝ってもらいたいと?
私
そうでございます
私
とりまシャーペンはクリア!
で問題はスタバ
雄 登
雄 登
うーーーんどうするべきか....
私
他のやつらにこのことは秘密で
雄 登
雄 登
りょーかいりょーかい
雄 登
雄 登
一世は知ってるんだよな?
私
うんうん!
雄 登
雄 登
じゃあ昼休み
一世とあなたと屋上集合ね
私
わかった!
雄 登
雄 登
そこで話し合お
私
ありがとう~~~~
さすが私自慢の幼馴染!
雄 登
雄 登
訂正
雄 登
雄 登
私の自慢のイケメン幼馴染
私
もーそーゆーところ雄登だよね、
ほんとに、
雄 登
雄 登
ハハ笑笑



私はあんな幼馴染がいて幸せです
















NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る