無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

# 24
私
はーー
(涙を拭う)
一 世
一 世
あ、
一 世
一 世
いた
私
え、ん?
一 世
一 世
なに?泣いてたの?
私
ううん、
あくびあくび
一 世
一 世
目真っ赤だよ
私
あ、え、えっと
花粉症だって!
一 世
一 世
なんで花粉症なのに
屋上行くの?
私
えっと...
同級生 女
A:ねーほんとにー
同級生 女
B:眠いね~
私
じゃあバイバイ!
一 世
一 世
待って
(腕を掴む)
私
え、
一 世
一 世
待ってよ
同級生 女
A:(目が合う)
私
離して!
一 世
一 世
え、
私
ごめん
(逃げる)
同級生 女
B:なにあいつ
同級生 女
A:いい感じじゃん
一 世
一 世
(なんで....)











ごめん。一世

ごめん。ごめん。


でも一世に迷惑かけないためには
こうするしかないんだよ

嫌いになっていいよ一世


















一世side
一 世
一 世
ねえ、さっき
あなたに会ったんだけど
雄 登
雄 登
どこにいたの?
一 世
一 世
屋上から降りてきてた
雄 登
雄 登
で、どうだったの?
一 世
一 世
なんか泣いてた
あくびとか花粉症とか言ってたけど
確実に泣いてた
飛 貴
飛 貴
あいつ花粉症とか聞いたことないもんな
龍 我
龍 我
むしろ花粉症とかならないって
威張ってたしな笑
一 世
一 世
俺、あなたのこと
心配になってきた
雄 登
雄 登
あいつ無理する癖あるもんな
飛 貴
飛 貴
あとから聞いてみようよ
雄 登
雄 登
龍我、席隣だろ?
ちょっと聞いてみてよ
龍 我
龍 我
いいけど
あなた正直に言うと思う?
飛 貴
飛 貴
あーー
一 世
一 世
僕にゆってこないってことは
多分絶対誰にも言わないと思う
飛 貴
飛 貴
だよな
龍 我
龍 我
一応聞くけど
雄 登
雄 登
まあ浮所と俺も
なんか聞くから
飛 貴
飛 貴
おう
一 世
一 世
僕帰りとかに聞いてみようか?
雄 登
雄 登
そだね







あなた、どうしちゃったの?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る