無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

# 14




学校にて__
私
は~、、、、
龍 我
龍 我
どうした?
そんなおっきいため息ついて
私
あ!え!あ、なんでもないよ笑笑
龍 我
龍 我
ん?
私
たまにあるじゃん!
なんかふいにでるため息!
龍 我
龍 我
ないない笑笑
私
龍我にはないだけで私にはあるの!
龍 我
龍 我
変なの笑笑

龍我のこと考えててため息ついたなんて

言えるわけないじゃん

心配してくれるのも好き

この思い届いて欲しいな、、
























昼休み__
私
こめんねまた、、
雄 登
雄 登
全然!
私
昨日さスタバ行ったの
雄 登
雄 登
うん行ったね笑
私
龍我さ!奢ってくれて!
しかも口付けしてきて...
雄 登
雄 登
は!口付け!?
私
う、うん、笑笑
雄 登
雄 登
く、くちづけ(泣)
私
わたし的に嬉しかったけど
なんかすごい変な感じ
雄 登
雄 登
龍我もすごいな~
私
ね!
でね本題が
雄 登
雄 登
はいはい!!
私
帰り道に龍我に
お前冷たくなったって言われたの
雄 登
雄 登
冷たい?!
私
私ってそんなに冷たいかな?
私は頑張って話してるつもりなんだけど
緊張してあんまり話せないんだよね
雄 登
雄 登
龍我はきっと俺とか浮所みたいに
扱って欲しいんだよな
私
多分ね...
龍我もそう言ってた
雄 登
雄 登
そっか~、
私
私も出来るならそうやって
話したいよ?
けど出来ないもん
私
そうやって龍我に嫌われたらどうしよう
龍我鈍感ってゆうかそういうの
感じにくいから
絶対私のこと嫌いになりそう....
雄 登
雄 登
大丈夫だって!
気にし過ぎ笑
私
そうかな??
大丈夫?
雄 登
雄 登
うん!
俺が保証する
私
なんでいいきれんの?
雄 登
雄 登
俺の勘???
私
当てにならない勘ですね
なすくん
雄 登
雄 登
えーー笑笑笑笑





















NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る