無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

# 12


龍我side____





みんなには言ってなかった俺の

秘密





俺にだって好きなやつぐらいいる

でも那須にも浮所にも大昇にも金指にも藤井くんにも言ってない









だってバレて

好きな人取られたら困るだろ?

相談するほど俺しょぼくないし

1人で恋ぐらいできる







でも恋をして約10年










未だに進展なし

は~、、、、、、







俺の好きな人は


鈴木あなた






幼稚園が同じで卒園する頃には

恋してた







いつも優しくて面白くて可愛くて

こんな良い奴に恋しないやつがいないでしょ

だって欠点ないんだもん














だからあなたと2人でスタバとか

俺からしたら夢の夢の夢

これ以上に最高なことはなかった

しかも二人っきり

2人っきりだぞ?

どれだけ嬉しいか、、、、












シャーペンもなんか俺に借りてきて

その日は俺ついてたかも🥴





でもあなたはいつも通り

俺に冷たい

那須みたいに話しかけて欲しいのに

なんか幼馴染感ゼロ

高校生になって知り合った感がほんとにすごい





幼稚園の頃はいつも

りゅうが~あ~そ~ぼッ!!!

ってゆってきてくれたのに

今じゃ俺が話しかけない限り

無言







ひどくないか?

無言だぞ?

だから二人っきりの時沈黙が続かないように

俺たくさん話しかけたんだぞ!

あなためっちゃ緊張してて

本音で話せなかったかもしれなかったけど

帰り道はすごい心開いてくれたんじゃないかな?









調子乗って口付けしちゃったけど

そんな嫌がってなくて良かった

もしかしたらあなた俺の事嫌いなのかな?







こういう時は那須に相談だよな












でもな~怖いんだよな...

あなたと仲良い金指に聞こう!











NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る