無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

# 42






.
直 樹
直 樹
みんなごめんね
もう帰らなきゃ
大 昇
大 昇
あーもう7時か....
僕も帰らなきゃ
私
そっか....
私
バイバイ
大 昇
大 昇
じゃあね
明日来るから
私
うん!
雄 登
雄 登
俺はいる
雄 登
雄 登
今日泊まる
私
え!大丈夫なの?
雄 登
雄 登
うん、あなたと龍我のために
私
ありがとう(><)
飛 貴
飛 貴
俺課題やばいから帰るわ
ごめんな
私
全然!
一 世
一 世
僕もいる
私
一世お母さんとか大丈夫なの?
一 世
一 世
今連絡したから
私
ならいいけど...
一 世
一 世
龍我目覚ました時にいたいし
あなたに異常があったら困るし
私
ありがとう(T_T)
雄 登
雄 登
じゃあコンビニ行くけど
どうする?
一 世
一 世
じゃあ那須といって来る
私
いってらっしゃい笑







じゃあ私は龍我の隣にでも座ろう






私は龍我の手を握った






何でかわかんないけど

龍我に話しかけてしまった






龍我、なんで私なんか助けたの?

私のこと助けなかったら今頃龍我こんな痛い思いしなくて良かったのに

なんで自分より私なの

ダメだよそういうの

自分もっと大切にしなくちゃだよ








でも龍我ありがとう

龍我のおかけで私生きようって改めて思えたから

龍我、龍我はなにも思ってないと思うけど

私龍我のこと好きだからね

あ、ゆっちゃった笑笑








龍我起きてないよね?大丈夫だよね笑

ずっと龍我のこと好きだったんだよ私

保育園の時からずっと

本当は面と向かって言いたかったけど

恥ずかしかった笑

今、龍我聞いてないと思うけど

私今すごい恥ずかしい笑

顔真っ赤だもん///







言葉にするってとっても大事なことだね






恥ずかしいけど笑






















龍我の手が少しピクってなったのは気のせいかな?

気のせいであって欲しい

こんなこと聞かれたら恥ずかしいから笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る