無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

# 37





はぁ、、、((ため息




こういう時って

ヒーローが私を助けに来てくれるんじゃないの?




こういう時

助けてくれる人が来るんじゃないの?




漫画だけだよね...

漫画、漫画、たかが漫画の話





























もう毎日不安やストレスで眠れてないせいか

突然眠気が襲ってきた






なんだか頭もクラクラしてきた





はぁ、もういっその事このまま死んでしまいたい




なんて考えてたら

青信号が点滅していたから急いで

横断歩道を歩いた






横断歩道の真ん中あたりで

急にふらっと視界が真っ白になった

青信号が赤信号に変わっていたことだけ見えた




















私の最後の記憶は

車のクラクションと

あなたと私の名前を呼ぶ声だけ____

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る