無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

# 35



放課後____












私
集まってくれてありがとう
雄 登
雄 登
で、話って何?
私
あの、なにか誤解してるよね?
飛 貴
飛 貴
誤解もクソもねーだろ
飛 貴
飛 貴
俺らの悪口言ってさ
何が面白い?
私
私言った覚えなんかないんだけど
一 世
一 世
は、
一 世
一 世
何言ってんの
とぼけないでよ
私
一世まで.....
私
私悪口なんか言ったことないし
一世達は私の味方してくれると思ってた
龍 我
龍 我
ごめん
今のあなたの味方はできない
私
龍我......
龍 我
龍 我
だって俺の事嫌いなんだろ
私
嫌いなわけないじゃん
なんで嫌いになるの
むしろ....(グスン...)
龍 我
龍 我
そんな事ゆって
影でコソコソコソコソして
お前いつからそんなのになったの
龍 我
龍 我
俺が知ってるあなたは
今のあなたじゃない
私
り、龍我....😭
龍 我
龍 我
だから今は無理
ごめん
龍 我
龍 我
那須もなんか言えよ
雄 登
雄 登
俺はあなたの話をしっかり聞きたい
雄 登
雄 登
あなたが影であの女子達に
いじめられてるの
お前ら知らねーの?
一 世
一 世
え、
飛 貴
飛 貴
え?
龍 我
龍 我
は、?
私
雄登....
雄 登
雄 登
俺前見たんだよね...
雄 登
雄 登
委員会で朝早く来なきゃ行けなかった時
一生懸命机に書いてある文字を
消してるところ
雄 登
雄 登
ゴミ箱にあなたのノート
筆箱、ペン、靴とかを
捨ててるあの2人の姿を見たんだよね
私
雄登(グスン....)
龍 我
龍 我
え、酷い
飛 貴
飛 貴
なにそれ
一 世
一 世
あなたごめん。
疑って
雄 登
雄 登
俺が1番謝らなきゃだよ
いじめられてるの知りながら
助けてやれなかった
雄 登
雄 登
しかも女子達に言われて
それを信じ込んだ俺がいちばん悪い
私
ううん
雄登は何も悪くないよ
龍 我
龍 我
あなた、
ごめん
龍 我
龍 我
ほんっとにごめん
一 世
一 世
無視したり
適したりしてごめん、
飛 貴
飛 貴
ごめん
きつく当たってほんとにごめん
私
ううん
こちらこそ
避けるようなことしてごめんね
私
元はと言えば私が悪いんだけど
龍 我
龍 我
なんでオレらと登校しなくなったの?
私
えっと...
(言ったら何されるかわからない)
私
なんとなく
龍 我
龍 我
あなた!
龍 我
龍 我
ホントのことゆってよ
私
言いたい!(叫)
私
言いたいけど
次なにされるかわかんない
私
みんないじめられたことないから
わかんないでしょ
私の気持ちなんて
もういいよ同情なんかいいから
龍 我
龍 我
ン...
飛 貴
飛 貴
はー
雄 登
雄 登
...
一 世
一 世
...
私
ごめん、
せっかく誤解解けたのに....
私、無理だ
(走る)
龍 我
龍 我
ちょっと待っt
雄 登
雄 登
(龍我の手を掴む)
龍 我
龍 我
那須....
雄 登
雄 登
今はそっとさせてあげた方がいいよ
龍 我
龍 我
う、うん
だけど...
雄 登
雄 登
大丈夫
あなたなら大丈夫
一 世
一 世
なんかほんとに悪いことしちゃった
飛 貴
飛 貴
あなた辛かっただろうな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る