無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

# 31




教室____




いつもならイライラするぐらい
話しかけてくるのに

今は全く話しかけにも来ない

むしろ避けられてる







でも、これで良かったのかもしれない







これでいじめられないなら

これで龍我達に迷惑かけないなら

これで安心して教室にいられるなら









でもなんで













なんで避けられてるのかわかんない






私が避けたからかな

避けたつもりじゃないんだけど








龍 我
龍 我
(ペンを落とす)




あ、拾ってあげよ
私
はい(小声)
龍 我
龍 我
あ、



" ありがとう "

とも言わず




触るなとでもいうように

とっさに私の手からペンを奪い取った









龍我

どうしちゃったの?










シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る