無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

# 03


学校到着__



ここで学年の違うなぁくんとはお別れ

クラス違うたいしょうともお別れ

残りの4人とは同じクラスなんです

龍我くんとは嬉しいんだけど

残りのやつらはほんっと嫌だ!!!笑笑



一 世
一 世
じゃ、あなた頑張って~
私
う、うん😭😭😭


席は




私の

隣が龍我

右斜め前が飛貴

後ろが雄登

そして隣の隣の隣の隣が一世







まあシャーペン借りることなんて楽なんだけど

龍我くんってところがひっかかる

もうこのことを雄登に言おう

じゃないと私持たない😭
私
雄登、今時間ある?
雄 登
雄 登
うん、あるけど、
龍 我
龍 我
なに?どっか行くの?
私
い、いや、行くんだけど、
龍 我
龍 我
俺も行く!
私
あ、じゃあ別にいいや
龍 我
龍 我
あ、ごめん、俺邪魔だった?
私
ううん!全然!
雄 登
雄 登
あ、じゃあまた後でな
私
うん、

龍我くん、、、、、、

君がいちゃダメだよ笑笑




ってことで話は休み時間にでも雄登にしようかな
ってかシャーペン!!!

一世の視線が感じる、、、
私
り、龍我?
龍 我
龍 我
ん?
私
あ、あのね、
今日ね、し、シャーペン忘れてきて
雄 登
雄 登
あ、俺貸そうか?
私
あ、いや、
隣の方が貸し借りしやすいかなって
雄 登
雄 登
あ、そーか、
龍 我
龍 我
はい!
0.3でも良かった?
私
うん!
ありがとう ///
龍 我
龍 我
芯無くなったら言ってね
私
うん!
ありがと



ふ~どうなるかと思った、、、、

なんとか行けた、、








あ、雄登
私
雄登あとからお話が(小声)
雄 登
雄 登
わかった









NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ま っ ち ゃ あ い す 🍒
ま っ ち ゃ あ い す 🍒
✧ 佐藤龍我くん 織山尚大くん ✧ 受験生❕
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る