無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

R🐱part2
あなた

ねぇ、いっちゃん

藤原樹
ん?
と、名前を呼んだらパッと私の顔を見てくれる藤原樹。



でも今はこの愛おしい藤原樹が目の前に居ないんだ。
なぜかって?
LINEで送ってくれた写真を見てもらえれば分かるよ
樹「今、貴族誕生のイベント中」



2日間、この藤原樹の声と顔、生でみてない。
私すっごい重いんだよね。
でも、そんないっちゃんは私を愛してくれている。
逆に私みたいに重い人の方が愛されてるって分かっていいんだって。
嬉しいこと言ってくれるよね。





あとは藤原樹が帰ってくるのをマースと共に待つのみ。

























END