無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

R🐶
RIKU
あなた、こっちおいで
あなた

りっく〜

両手広げて名前呼ぶ当たりあざとい……
あなた

ねぇ、りっくん?

RIKU
ん??
私はりっくんの膝にのって抱きしめられております
あなた

明日は??お仕事??

RIKU
うん。明日はね雑誌の取材があるの
あなた

ふぅーん

RIKU
でも午前中で終わるみたい
あなた

そっか

RIKU
その後暇??
あなた

めちゃめちゃ暇

RIKU
じゃ久しぶりにデートしよっか
あなた

え、いいの?

RIKU
いいよ!
あなた

きゃー!楽しみだぁ

RIKU
最近ほんとに俺が忙しくて出来なかったもんね
あなた

だってすっごい人気になってるもんね。
そりゃ忙しいよ

RIKU
どこ行きたい??
RIKU
あなたが行きたいところでいいよ
あなた

うーん……そうだね

あなた

付き合ってることバレない方がいいよね

RIKU
まぁ、それはそうだね。
RIKU
ごめんね?行きたいと行けなくて
あなた

ううん。全然平気。りっくんと居られれば幸せだもん

RIKU
もぉ。可愛いこと言うなよ笑
あなた

照れた?照れたでしょ?

RIKU
正直言ったら。ちょっと照れた‪w
あなた

ほらね笑

RIKU
で、行きたいところ決まった?
あなた

普通に街をブラブラしたいな

RIKU
そーゆーのも良いね
あなた

じゃあ決まりっ

RIKU
楽しみだなぁ...。
明日頑張れるわ
あなた

頑張ってね

RIKU
おう👍


























































END