無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

B🐲
とある場所で小籠包買ったので近くにあった建物の中でeatΨ( 'ω'* )
日髙竜太
いただきまーす
あなた

美味しい?

日髙竜太
うまっ!
日髙竜太
う、うまっ!
あなた

そんなに?じゃ私も

あなた

う、うま!

日髙竜太
でしょ?
あなた

ねぇ、最近海外での仕事多くない?ばりちゃん

日髙竜太
そうなんだよね〜
日髙竜太
ありがたいことに。沢山仕事があるんだよね
あなた

国内なら頑張れば会えるじゃん?
海外まで行っちゃったら会えないじゃん……

日髙竜太
でも電話できるじゃん
あなた

直接竜太に会いたいの

日髙竜太
俺ってそんなに愛されてるのか
日髙竜太
幸せだなぁ
あなた

それを言いたいんじゃなくて

あなた

長期間会えなくなるのが寂しいって言いたいの!

日髙竜太
ごめんごめん
日髙竜太
でも仕事だからね…?
あなた

うん…

日髙竜太
じゃあ帰ってきたら毎回会お?
あなた

わかった

日髙竜太
ん。ゴメンな
竜太はあなたの頭をなでなでした
日髙竜太
じゃあ今日は思いっきり楽しみましょお!
あなた

おぉー!



































































END