無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

出席番号21番 蜂谷由香里 2
目が覚めたら、
そこは私の家ではなかった。

学校の教室。
いつも使ってる、私の机。

でも、
周りを囲む、生徒が明らかにおかしい。

見たことがない人、
見たことがある人。

色んな子がいる。

でも、ただひとつ言えるのは
みんな高校生くらいの子たち。

ざっと数えて40名。

そうだ、これは夢なんだ。
なら、もうちょっと夢を見ていよう。

隣の子に話しかけてみる。
蜂谷由香里
ねぇ、ここってどこ?
日野美桜
ここはsクラス、
罪を犯した子が集まるクラスだよ
罪…?
蜂谷由香里
罪って?
がらがら
渡辺先生
みなさん、おはようございます
渡辺先生だ。

この先生は夢じゃない現実世界の
担任の先生。

渡辺先生がなぜここに?
渡辺先生
みなさんにここ、sクラスの説明をします。
渡辺先生
ここは、罪を犯した人が入る教室です。
渡辺先生
それで、皆さんの中で罪を暴き合いましょう。
渡辺先生
罪を暴かれた人は即死にます。
渡辺先生
最後の1人になるまで終わりません。
クラスが沈黙する。

死ぬの?
そんなのいやだ!

私の犯した罪は、
間違いなくいじめだと思う。

誰にもバレてはいけない。