無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

出席番号3番 上野きい 2
上野きい
美桜っ!波瑠っ!
日野美桜
きい!
八坂波瑠
きいちゃん!?
上野きい
よかった!ふたりがいて!
ここ、Sクラスには
友達の美桜と波瑠がいた。

本当によかった。

心細かったから、泣きそうになる。
渡辺先生
いまから、授業はじめますよ!
渡辺先生の声で
1時間目の授業がはじまった。
休憩時間
日野美桜
まじウザイよね
八坂波瑠
ほんと、早くいなくなってくれないかな
トイレに行くと
美桜と波瑠が悪口を言っていた。

誰のことかは、分かる。

リアルの私達の学校にいる
先生のことだ。



そこで気がついた。

蜂谷由香里さんが美桜たちをみてた。



密告____

彼女がすることが
わかったしまった。
その後、蜂谷由香里さんは
私の思っていたとおり、
チクったらしい。

美桜と波瑠はもういなくなっていた。