無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

出席番号3番 上野きい 3
クラスメイトが1人…また1人と消えていく。

みんな生き残りたいんだ。
意地でも。
渡辺先生
上野さん!
上野きい
は、はい?
突然に声をかけられた。
渡辺先生
そろそろ、クラスをまとめるために
学級委員を決めようと思って
上野きい
はぁ…
渡辺先生
上野さんやってくれないかしら?
上野きい
私が?
上野きい
無理ですよ!
上野きい
それにほら、蜂谷さんとかのほうがむいてるんじゃないですか?
渡辺先生
お願いよ!
上野きい
でも…
蜂谷由香里
いいですよ!
蜂谷由香里
私しますよ学級委員!
上野きい
蜂谷さん!
渡辺先生
そう?本当は上野さんに頼もうと思っていたのだけれど…
蜂谷由香里
やりたいです!学級委員!
渡辺先生
そう?なら任せるわ
蜂谷由香里
ありがとうございます!
私は蜂谷さんがやってくれてほっとしてた。