無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

episode19
麗華side❁⃘*.゚





あれから私たちは最近駅前にできたショッピングモールに来ていた



さっきの自己紹介の時は緊張して全然会話できなかったけど、まだまだこれからだわ!




『デカいし、涼しいし、なんでも売ってあるし最高〜!!』





こ「あなたはしゃぎすぎww」





『はぁぁ?ころんだってさっきクレープ屋さんのバナナクレープ見て大はしゃぎしてたくせに!』




こ「あ…あれは美味そうだったから…」





ころんさんとあなたさんは仲良いな…
さっきからずっとあんな感じであまりころんさんと話していていない
あなたさんが話す機会などをつくってくれるのだが緊張してしまって会話が全然続かなくなってしまう…




あぁどうすればもっと仲良くなれるのかしら…




『ちょっところんそれわたしが先に見つけたのに…っおわ!?』



こ「ちょっ!?」





どんっ






何かがぶつかる音がしたのでその方向を見てみるとあなたさんがバランスを崩して前に転びそうになったところをころんさんが今支えている






ころんさんかっこいい…










いやいやそんなことよりも2人の距離が近い…!
そしてころんさんはバレてないつもりだけど顔真っ赤だし…
前からうすうす感じていたが、ころんさんはあなたが好きなのでは…?
ん〜モヤモヤするわ…
こんな気持ちはじめてだわ…




さ「ねぇ」




急に方を叩かれて誰かと思えばさとみさん
そういえばさとみさんはあなたさんの彼女
2人のことをどう思っているんだろう





さ「麗華さんはあれを見てどうも思わないわけ?」



なんだかさとみさんは少し不機嫌
そういえばあまり話していなかったような…





麗「少しモヤモヤしますが…それ以外は何も…
というかなんだかさとみさん不機嫌じゃないですか?あまり話してないようですし…」



さ「そりゃあ彼女が他の男と仲良くしてるの見て不機嫌にならないわけないでしょ」




確かに…
さとみさんの不機嫌の理由は2人のことのようだ


麗「…さとみさんはいいんですか?あの状態で」




さ「いいわけない
だから今から取り返しにいくけど一緒にいく?それともそこでみてる?」




本当は私もころんさんを独り占めしたい
だけど今はその勇気が出ない



麗「私は…ここで見てます」



さ「そう」



さとみさんは2人のもとへ駆け寄り、何かを言った後、あなたさんを連れてどこかへ行ってしまった
そしてさとみさんは私の方へ向き軽くウインクをした


…そうか
さとみさんは勇気が出ない私を気遣って…
せっかくもらったチャンスだもん頑張らなきゃ



私はころんさんのもとへ向かった