無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

episode9
あなたside❁⃘*.゚

翌朝━━━━━━━━━━━━━━━

「ふぁぁぁぁ」

優「あなた大きなあくびだねwww」

陽「ちゃんと寝ないとだめだよー?」

『いやさすがにあんなことがあったら寝れん…』

そう私人生初めての告白と言うものをされまして…
まぁ本気のではないでしょうけどね()
それが原因で昨日は全く寝れなかったんですよね…
優「え?なになに?なんかあったの?!」

陽「気になる気になる!」


しまった…口が滑った!


『えっと…見たいテレビがあったんだけど録画すんの忘れてて!ショックだったなぁ…って!』


さ「あ」

『あ』


教室に入った瞬間さとみと目が合ってしまった

…気まづっっ
嘘の告白とはいえちょっと顔合わせるな恥ずいな…


陽「あなたちゃん私たちもう行くね!」

『いやちょっ』

優「頑張ってね〜w」

『いやあの』

くっそあの二人め←
いやどうしよう…まじで気まず
優「なんだそんなことかw」

陽「てっきり桃山君と何かあったのかと思った!w」


『そそそそんなわけないじゃん!?』


陽「え何その反応」

優「やっぱりなんかあったでしょー?w」

『なんもないってば!!ほら早く教室入るよ!!』


ガラガラガラ
さ「今日も可愛いねあなた」

『からかわないで
ってか呼び捨てすんな!』

さ「えーなんで
…あっもしかして…」

そう言ってさとみはニヤニヤしながら言った


さ「呼び捨てで呼ばれると昨日のこと思い出すから?」

『なっっ///』

さ「顔が真っ赤だよお嬢さんw」

『うるせ
てかもうすぐ先生くるよ静かに!』

さ「はいはーい!w」

もうこいつは…相変わらずだな…
ってか昨日の告白のことあんま気にしてない!?私は昨日寝れないほど気にしてたのに!?
まぁそりゃあそっか…
本気の告白じゃないし、みんなにああいうこと言ってるんだろうな…
ちょっと悲しい…














なんて思ってたまるかぁぁぁぁ!
続く━━━━━━━━━━━━━━━