無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

episode13

『さとみのことが好き』





ドキドキする心臓をおさえてさとみの方を見て彼の反応を待つ

さ「…」

いつまでたっても何も言わない彼に痺れを切らした私は

『だから付き合ってくれませんか!私でよければ…』

そう言った
そしたら彼は急に笑いだした
それも独特な笑い方で


『…なんで笑ってるのかお聞きしてもよろしいでしょうか?』


さ「ごめっwだってw今日告白して、今日保留って言われて、今日返事もらうってなんかおかしいじゃんw」

確かに…((
今考えたら保留とは?って感じだよね…w

さ「…嬉しいよ 俺も好きだよ
さっき言ったけどね…w」

さ「今日からカレカノだね」

そう言う彼はいつもよりかっこよくてドキドキする
私ばっかりドキドキしてる…
やっぱり彼には叶わない

『…私もう教室戻るっ』

恐らく顔が真っ赤であろう私を見られたくなくて教室へ走った


あんなにドキドキさせられて
彼と付き合った私の心臓は壊れてしまうのではないかと少し不安になった


━━━━━━━━━━━━━━━


今回めっちゃ短くてすみません😭
あとなんか内容薄くてすみません💦

次からまた気を取り直して面白くできるように頑張ります!()