無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ささふが喧嘩!?!?2








































あなたside






























流石に風雅に言い過ぎたかな...

女の子の日ってお腹痛いしイライラするしで本当に辛い、、


































『いたっ、、、』





















屋上は特に寒いから体が冷えてお腹が更に痛むなぁ、、


































カチャッッ
























大西「あなたやっとおった、、」


『風雅、さっきは言い過ぎちゃってごめんね』


大西「いや、俺こそ言い過ぎた。あなた今女の子の日やろ?」



『え、うん、、よく分かったね、』



大西「彪太郎が教えてくれたんやで
はい、コーンスープ」


『ありがとう』





























そういって風雅は自動販売機に売っているコーンスープをくれた。

ツンデレなくせしてめちゃめちゃいい奴何ですこいつ。←


























『ちょっと気分が落ち着いたらまた練習戻るな』


大西「無理せんでええであなたの身体が何より大事やから」


『ありがとうぅぅ、、うぅ、、』


大西「いや、あなた泣くなって!!!
何か俺が泣かせたみたいやんけ、笑」


『ごめん、、グズッ、でも何か嬉しくて、、グズッ』























本当にいいメンバーに恵まれましたね笹崎は