無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Lil賑やか過ぎるかんさい








































あなたside






























『おっはよー!!!』


岡﨑「おはよう」


『え、今日彪太郎一人なん?』


岡﨑「うーん、なんか拓哉遅れるって」


『あいつまさか女か?』


岡﨑「ちがうっしょ、知らんけど」





























あー、どもども。


自己紹介忘れてましたね(















私の名前は笹崎あなたです!


高校2年生のピッチピチの15歳です💖
((洋服ピッチピチの間違いやろ by拓哉



































當間「おはよー」


『るーく!おはよう!今日も可愛いなあ!』


當間「愛がまだまだ足りんな」


『ちっ、、いいもん!斗亜に構ってもらうもん!』


當間「構ってもらってきー」


『もうるーくなんか知らん!!!』


岡﨑「あなた大人気ないで~笑」


『彪太郎うるさい!黙っとれ!』





































嶋﨑「おはよ~💖」


『斗亜や~!!!!今日も相変わらず可愛いな~』


嶋﨑「ありがとう、!あなたちゃんも可愛いで💖」


『ありがとう~えへへへ』


大西「あなたキモいで」


『はっ、、!?!?アンタいつからおったん?』


大西「斗亜と一緒に来たけど」


『あっそう、』






























さーて、あとは?リトかん1のチャラ男だけど


あいつ朝から何してん?女ん家に泊まっとるんか

































『なあ拓哉来へんとレッスンできんやんけ~
拓哉~早く~~~』


大西「何でかんだでめっちゃ好きやん、笑」


『メンバーはみんな好きやで!
でも一番は斗亜かな~💖』


岡﨑「あなた鼻の下伸びてるで」


『アイドルのうちがそんな顔するわけないやろ!?!?
、、、、ってホンマに伸びてる....』



































ガチャッ
























西村「おはよ~遅れてごめんな~」


『何でお前遅れたん!?!?女か!女ん家か!』


西村「違うわい、笑」


『じゃあ、、大子ちゃん、?』


西村「大吾くんでも無いです~」


『まあいいや!←』


大西「レッスン始めようや」







































今日もLilかんさいは平和です!