無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

単独公演








































1月の関ジュでやった京セラドームの公演

またしたいなぁ、、とか思ってる矢先









































マネ「ちょっといい?重大なお話があってね」


西村「はい、、なんですか、?」


マネ「単独公演がコロナの影響で中止になりました、、」


『うそやろ、、、』


岡﨑「そんなことあります、?」


『ホンマにコロナ嫌いや、
今まで必死に練習してきたことはどうなるん?本当にいやや、』


西村「でもさ、お客さんと自分らの健康が一番大切やん?今回は仕方がないって」


『やっとで掴んだ単独なのに、、グスッ、、』


西村「泣きたい気持ちはみんな同じや」


大西「俺らも悔しくない訳無いやろ?」


『そうだよね、、そう、』



























やっとで掴んだ単独公演、


コロナのせいで中止になりました、、



























中止になっても次に!前へ向くことを皆で決めました。



























マネ「ほら!泣いてないでレッスン再開!」


岡﨑「あなたは笑顔が一番似合ってるで」


嶋﨑「いつも君は笑ってて~♪」


『ここでアイドル出してくな笑笑』






























メンバーのお陰で自然と涙は消え、しっかりみっちり練習に取り組んできました!











その後ゲーセンで皆でプリ撮ったってのは内緒で、、笑


















『この彪太郎盛れてる無理 w w w w 』


當間「西村くんキメ過ぎやろ w w 」


西村「ちょっといたずらしてみたわ」


大西「いや鼻毛描くな w w 」


嶋﨑「あなた可愛い~💖」


岡﨑「いや、、可愛い、、」




























いつでも愉快なリトかんでした!



チャンチャン♪