無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

未来




































ついにこの日が来たんだ。










やっとこの6人で夢のデビュー






























西村「今まで関西ジャニーズJr.として頑張ってきた事を忘れず、前を向いて時には振り向きながら僕たちなりに進んで行こうと思います!」






岡﨑「辛いこととかリーダーとして色々悩んだこともあったけど、今本当に嬉しいです。でもデビューはまだ僕たちの目標の通過点なのでこれから先Lilかんさい躍進していけるように頑張ります!」






嶋﨑「僕たちが今までやってきた努力は無駄じゃないって胸を張って言えるように、後輩達が憧れてくれる先輩になれるように今まで以上さらに努力していきます!」





大西「小さい頃からJr.をしてきて学んだことや先輩方が教えてくださったことを忘れず、日々感謝の気持ちを持ってデビュー組の仲間入り出来たこととっても嬉しいです」







當間「Lilかんさいの最年少としてお兄さん達に引っ張ってもらってた部分もあったと思うんですけど、デビューというついにスタートラインに立てたのでこれからは最年少だけど僕が引っ張っていけるようにさらに頑張ってファンの皆さんを幸せにしたいと思います!」






























『感無量です。この中で私が一番歴が長くて同期がどんどんデビューしてってるのを見て辛くて辛くて毎晩泣いてた日も正直ありました。でもあの悔しさは今日のためにあったんだなってことを忘れず初心でやっていきたいと思います。今後ともLilかんさいをよろしくお願いいたします。』
























ずっとここに立ちたかったんだ。




夢のデビュー。


















まだスタートラインに立ったばっかりやけど、これからLilかんさいの快進撃見ててや!!!





























 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






















作者からです!


一回このお話をなぜ消したかというとですね、


お話の方向性?を見失っちゃって、笑


なので一から書き直してます✊💖


温かく見守ってくださったら嬉しいです!


これからもよろしくお願いいたします‼️‼️