無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

#29
さとみ
そっか、ありがとう
莉犬
じゃあね、あなたのTwitterの垢名ちゃん!

そう言って俺達は店を出た





あの様子なら、るぅとの好意を蔑ろにはしないだろう





とりあえず一安心ってところだ
莉犬
可愛かったね
さとみ
そうだな

リスナーさんにそんなことを思うのはどうかと思うが、まぁよしとしよう
莉犬
今からどうする?
さとみ
用は済ませたし、何処か遊びに行こうぜ
莉犬
うん!

そうして俺達はショッピングモールに向かった





💬5で更新