無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

#26
あなた
え、っと…

戸惑っている私にその人は耳打ちした
莉犬
大丈夫、俺に合わせて

その言葉に小さく頷く





どうやらナンパ2人組には聞こえていないようだ
莉犬
迷惑なんです、帰ってください
.
なんだよ、男いたのかよ

そう吐き捨ててナンパ2人組は帰って行った





蹴りをお見舞いしたかったけど今回は辞めておこう
あなた
あの、ところであなた方は?
あなた
なにかお礼をしたいんですが…、

助けてくれた2人に声をかける
莉犬
あぁ、それなら……
さとみ
君に話があるんだ
さとみ
それを聞いてくれないかな、?

💬5 ♡100で更新