無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

#32
あなた
あれ、、

あの人を追っていたのだけれど、見失ってしまった





このアクキーどうしよう……
さとみ
あれ?あなたのTwitterの垢名ちゃんじゃん

困っていると、さとみくんに声を掛けられた
あなた
さとみくん…、
さとみ
どうしたんだ?こんなとこで
あなた
あの、アクキー落とした人探して…
さとみ
どんな感じの人?
あなた
えと、高身長でイヤホンしてメガネで…
あなた
あと、黒いリュックを背負ってました!
さとみ
あー、誰か分かったわw

そう言うとさとみくんは私の手からアクキーを取りあげた
さとみ
じゃあ俺が届けとくから、じゃあな
あなた
はい、ありがとうございますッ!

💬5 ♡80で更新