無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

80
2021/08/02

第3話

有能
tn
連れてきたで
︎︎
入れ
tn
ほら、2人共はよ入り
syp
あ、はい……。
そう言われ俺らは部屋に入った
だがすごくヤバい光景だった……。



それは
gr
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
総統がお菓子を食べていたのだ!!!
tn
(^ω^💢)
tn
グルさぁん?:( ꐦ´꒳`;):
gr
:( ;´꒳`;):
gr
こ、これは、ち、違うんだぞ…トントン……。
tn
何が違うですぅ?
gr
いや、あの…その…2人を歓迎してだな……用意した物なのだ!!
tn
は?なのに何であんさんが食べとんねん!!
gr
(;¬∀¬)ハハハ…
tn
粛清確定
gr
嫌だゾ!!
gr
あ、ゾム!!
zm
んぉ?
ドアの前を通ろうとしていた、ゾムという人を総統は呼んでいた
zm
なんやー?
gr
助けてくれぇ(´;ω;`)
zm
なんや、またかwww
tn
( ^∀^)ニコォ...
zm
( 'ω')ヒェッ……トントン様、こちらをどうぞwww
tn
流石やなぁ、さてと、グルさぁん(^ω^)ニコニコ
gr
((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア
俺はその瞬間……




トントンさんはしっかりしていて、有能で頼られている人なんだろうなと思った……。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

なんだこれ()
急にzmはん出てきてますけどぉ?()

pienだわ()

まぁ、終わろ()


お気に入り、よろしく!!