無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

☀︎
あなた
あなた
なんでそんなカードとか持ってんの?
マサイ
マサイ
俺の親父は、MUUUっていう会社の代表取締役なんだよ。だから好きな物は買っていいってカード渡してくれてよ
あなた
あなた
MUUUってあのふざけファクトリーとかの人気ブランドがあるところじゃない!
マサイ
マサイ
よく知ってるんだな笑笑
あなた
あなた
あたりまえ!
マサイ
マサイ
まぁあんまり俺の親父が社長とか言ってないから、あんまり周りは知らねーけどよ
あなた
あなた
そうなんだ
マサイ
マサイ
右手だせ
あなた
あなた
はい
マサイは右手の薬指に指輪を通した
マサイ
マサイ
これでお前は俺のモノだ。2人の最初の思い出の指輪だ、失くすんじゃねーぞ?
あなた
あなた
うん!ありがとう!!
2人は幸せそう。

だがその場をひっそりと見る黒い影に2人はきづかなかった
黒い影の男
黒い影の男
あの女か。ちょっとひねれば騙せそうだな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さくらこ。
さくらこ。
Please follow me 🌈 ・JK2(16)の 妄 想 小 説 💭 ・ウオタミ🐟マサイ推し ・欅坂46 更新中↓↓ 『青空の下で、君の隣にいれるなら。』 新作でました↓↓ 『初めて恋をするあなたへ』
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る