第22話

14
あなたside

~放課後~

「私は、望に言われたとうり教室で待っていた。」

朱音
あなた〜?
帰らんの??
あなた

ん〜?
あ〜、帰るよ〜。
望待っとんねん〜。
(望、遅いなぁ〜………。)

朱音
そ〜か〜。
あっ。
川谷さんと木本さんや……。小声で
音葉
ね〜。成瀬さんさ〜。
望くんに近づくなって言ったよな?
あなた

それぐらい、ええやん。
幼馴染おさななじみなんやし。

莉央
だからって言ってぇ、近づかない努力したらぁ??
朱音
は?n……。
あなた

無理。

莉央
は?今何て言った?
あなた

聞こえなかった??
『無理。』って言ったんだよ。
アホなん?
近づこうが近づかへんかうちらの勝手やん。
ほっといてくれん??
後、あんたらの方が話しかけれるように努力すれば?

音葉
あんたね、うちらに盾突いたらどうなるか分かって言ってんの?
莉央
明日から起こることが楽しみだわぁ(  ˙-˙  )
じゃぁね〜。
あなた

……は?
(何言ってんの、こいつら……。意味わからんわ。)

朱音
あなた、どうする?
あなた

どうもこうも、堂々としとけばええんや。帰る。少し怒り気味で

朱音
おん………。
ってか、望は?
あなた

ほっときゃええ。早く来ん奴が悪いんや。少し怒りながら
(くっそっ、胸くそ悪い……。)


























✂--------------- キ リ ト リ ---------------‪✂︎‬

おはこんにちばんは☀︎🌙
作者のayumuです!



投稿するの遅くなり申し訳ないです💦💦


プリ小説開けると「フォロー」という新しい機能が着いていてビックリしました!



フォロー715%、絶対に返しますのでフォローお願いします🙏
フォローしてくださった方は、感謝カンゲキです!




フォローお願いします😖🙏💦