第4話

2
(saidは1話と一緒です!)

「休み時間、藤井くんは周りの人に囲まれていた。」

あなた

人気やねぇ〜。

まぁ、流星はモテるもんなぁ〜。
あなた

(顔が整ってるもんな……。)
そうなんや。
(モテるの望もやけどね。)

音葉
望くん〜。
げっ……。
莉央
『げっ』って何よ〜。
君達、誰?
音葉
うちは、川谷音葉。
莉央
うちはぁ、木本莉央〜。
よろしくね〜(´>ω<`)
あなた

(何なん。この子ら。絶対裏あるやろ。
しかもうちおるん、目に見えてるんやろか…。)

よろしくな〜。こいつはn……。
音葉
そういえば!!
望くん、流星くんと仲がいいって聞いたんだけど、ほんまなん?
まぁ……。うん。
莉央
そうなんだぁ!
それだけ〜。
あなた

(それだけなんだw)

お、おん……。
あ!あなた、今日お昼一緒に食べよう(´>ω<`)
あなた

お、ええよ〜。

流星
あなたちゃん!
お昼、一緒に食べよ〜?
あなた

あ、藤井くん…。
望と一緒に食べるんやけど、ええ??

流星
お、おん。
あなた

了解〜。
望〜。藤井くんもお昼一緒やけどええ?

ええよ〜☺︎
あなた

ほ〜い。
(ん?誰の視線やろ……?)

音葉
(あなたを睨む)
あなた

………!?

どしたん??
あなた

な、なんでもない。
(うわぁお……。こっわ〜。)

ふ〜ん。

「この日から私の苦くて甘い高校生活が始まろうとしていた。」