第22話

18
私は昼休みになるのがとても怖くて
授業に集中出来なかった。









どうしよう、、、
昼休みになってしまった
怖い、何をされるの






屋上につき







及川さん達がいた



オイカワ「よくも大事なマネを傷つけてくれたな」



あなた「私は、その、、、」


イワイズミ「黙れよ!」


痛ったい、、


お腹を殴られた。



苦しい。
怖い
そんな事を思ってるうちに殴られ蹴られ
私は倒れてしまった。



ドカッ、ボコッ、ドスッ、ドンッ、ゴスッ、
(殴られたり蹴られる音です。分かりずらくてすいません。)


あなた「グホッ、うぅぅ...、」


ハナマキ「うるせーよ!!」


マツカワ「黙れよ!このクズが!」



あなた「ごめんなさいごめんなさい」


それから私は意識が無くなるまで
殴られ蹴られた。





オイカワ「あれ?黙った。つまんなみんな行こ」



キンダイチ以外「うぃーす!」











私は気がつくと身体には真っ赤に腫れていたり
血が出ていた。





あなた「ヒューッヒューヒューッ」


やばい過呼吸だ。

落ち着いて深呼吸。


すぅーはぁーすぅーはぁー


よかった落ち着いた。




久しぶりに過呼吸でたな。