第46話

41
バスが来た!


どこかな??









稲荷崎だ!!
今日の私とびきり冴えてる!








あなた「侑ーー!!治ーー!!」




アツム「あ!あなたや!」


オサム「元気しとった??」


あなた「当たり前や!」


あなた「あ!倫!!」


スナ「あ、あなたか」


あなた「会えて嬉しくないの??(´•ω•̥`)」


スナ「いや、嬉しいけどうるさいなぁって」


あなた「失礼な!」


あなた「信介〜倫が冷たいよ」


キタ「いつもの事やろ?」


スナ「そうですよ。」


あなた「もうちょっと感動の再会ぽくしてもいいやろ!!」





そんなことを話してるうちに私の大嫌いな人達が来た。私はとっさに侑の後ろに隠れた。

侑に気づいた及川さんが




オイカワ「ねぇねぇ!君って高校生No.1セッターの宮侑でしょ!」


アツム「だからなんや?ところであなたなんで俺の後ろ隠れるん?俺の事すきなんか?」



あなた「そんな訳あるか!ナルシストが!」


あ、終わった及川さんの前でこんな事したら絶対後でなにかされる。


オイカワ「なんでお前が宮侑と知り合いなの?」


アツム「そりゃあゆー」



あなた「ああああああああぁぁぁ!!!」


あなた「偶然ですよ」


あなた「侑!私がユースって事言うたらあかんやろ!」(小声)

アツム「なんでや?恥ずかしいんか?笑」(小声)

あなた「そんな訳ないやろ!面倒臭いからや!」(小声)


アツム「はーい(^-^)/」(小声)


オイカワ「あのさ、なんで1人で行ったの?」


あなた「何がですか?」


オイカワ「だから主将の俺に何も言わないで先に東京来たのかって」

あなた「別に監督には言いましたしどうせあなたに言っても聞く耳持ちませんよね?だったら言う意味ないじゃないですか?」


オイカワ「それは、、、」

あなた「これからマネージャー達で、集まりがあるので失礼します。」







どうせこの合宿でバラすんだからしっかり挑発しとかないとね!