第37話

32
私はあの後朝練には行かなかった。
あんな事言って合わせる顔ないし、、、
まぁ放課後には朱里が来てくれるから部活行くけどさ、、
















時は進み放課後です。(雑でごめんなさい🙏)






私は今ドリンクを作っています!
実は私ね選手によってドリンクの味の濃さ?変えてるんだよ!!
なのに雪菜ちゃんが作ったって言って信じるなんて悲しいなぁ。雪菜ちゃんにはドリンクの濃さとか教えてないから冷静に考えたら分かると思うんだけど、、、そんな時






『ガラガラ』(ドアが開く音です。)


私は嬉しさのあまり飛びついてしまった!




あなた「あかりーー!!会いたかったんだよ!\(^o^)/」


アカリ「私も会いたかったよ!٩(ˊᗜˋ*)و」



あなた「朱里ーーーー!!!」



私は少し安心して涙目になってしまった。
恥ずかし(〃▽〃)



アカリ「涙目にならないでよ!大丈夫。一緒に頑張ろっ!!」


あなた「うん!ありがとう〜!!」






感動的シーンなのに裏切り者達が来やがった。
邪魔しないでよ。




てか雪菜ちゃんどこいった??
あ、なんか嫌な予感する。私の嫌な予感は毎回
当たる。だって雪菜ちゃんが部活入るって言った時も嫌な予感したし。
私は朱里に心の中でを言った


あなた(朱里。嫌な予感する。どうしよ?)

朱里に通じたらしく


アカリ(え!?嘘でしょ!?あなたの感はよく当たるからなぁ。私はあなたを信じる!けどその前に私自己紹介しないと)


あなた(あ、そっかごめん🙇)


あなた「え、えっと皆さん新しくマネージャー希望の山口朱里ちゃんです。軽く自己紹介してもらっていい?」(朱里の本当の苗字は山本だけど学校では偽名です。)


アカリ「はい。1年の山口朱里です。バレーの事は分かるので迷惑にはならないと思います。
よろしくお願いします。┏○ペコ」


みんな「(๑´ω`ノノ゙ぱちぱちぱち👏🏻」


オイカワ「じゃあ俺たちも自己紹介しよっか☆」


イワイズミ「いちいち☆要らねぇんだよ!」

岩泉が及川を蹴る。


オイカワ「痛いよ岩ちゃん!!」

イワイズミ「お前が悪い!」


なんだかんだで自己紹介が終わりました。



一旦ここできります。