第49話

44
私の予想通り雪菜ちゃんはスマホをいじりながら文句ばっかり言っていました!
後ちょっとで殴り掛かりに行くとこだった。
危なかった笑笑






今何してるかって?
ドリンク配ってます!
私はとりあえず黙ってるけど雪菜ちゃんは




ユキナ「雪菜が作ったぁドリンクぅですぅ。
あなた先輩が手伝ってぇくれなくてぇ。」


稲荷崎のみんなは私のドリンク飲んだ事あるから騙されないから!雪菜ちゃんDONMAI☆





稲荷崎のみんなの心の声

(いやいや、どう考えたってあなたのドリンクの味だわ!)



アツム「最低やな」



ユキナ「そうなんですよぉ!」


スナ「あんた嘘ついてるのバレバレだよ。」


オサム「嘘つくんやったらもうちょい上手くやれや!」


ユキナ「ほんとにあなた先輩が押し付けてきたんです!」



スナ「悪いけど俺と侑と治お前が作らせてんの見てるんだ。」


オサム「そういう事やから」


アツム「すまんな。俺らはこんな簡単な事で騙されるほどアホやないから。二度喋りかけんなやこの喧し豚が!」






私びっくりしたよ!
まさか見てたなんてね!
まぁ侑達が言ってくれたのは嬉しいけど
どっちしろ雪菜ちゃんから攻撃されるからそれはそれで大変だなぁ


まぁとりあえず今日は大丈夫かな?