第18話

14
現在練習中です!(雑ですいません🙇‍♂️)




練習中雪菜ちゃんに呼ばれた。
嫌な予感がしたから録音することにした
どうせカッターキャーとかだから



あなた「なに?」

ユキナ「アンタにはもっと嫌われてもらうから」

(あ、このパターン2回目だ)

『雪菜が自分の腕をカッターで切る』

(うゎ痛そう、、、)

ユキナ「はい、これ持って」

雪菜に私にカッターを持たせてきた。

あなた「嫌だ。それより早く手当した方が
いいよ」


ユキナ「中学の時の事言っていいの?笑笑」


あなた「わかった。持つから」

私がカッターを持ったあと雪菜ちゃんは叫んだ

ユキナ「キャーー!!!」

みんなが来た。


(これ絶対私が悪者になるパターンじゃん)




オイカワ「雪菜ちゃんどうしたの?!その腕!?」

ユキナ「あなた先輩にやられましたぁ(涙)」

マツカワ「またお前か、何回やればわかるんだよ」

あなた「私はやってない」(まぁ無理だと思うけどね。)

ハナマキ「じゃあなんでカッター持ってんだよ!」

あなた「それは、、」

『雪菜が私を睨む。』

クニミ「何も言えないじゃん」

(そりゃ言えないよ雪菜ちゃんの顔見てみれてよ。私の事めっちゃ睨んでるんだよ!まぁ
いいや、とりあえず謝ろう。)

あなた「すみません。私が、、やりました」


キンダイチ「先輩!!」

あなた「大丈夫、、ごめんね。すいませんでした」


オイカワ「本当に最低だな!雪菜がどんなに
傷ついた分かってんの?」


あなた「すいませんでした」




私はなんとか部活が終わるのを耐えた。