第19話

15
前回の続きです。



キンダイチ「国見〜今日一緒に帰れない。ごめん🙇」


クニミ「わかった。またね」








現在金田一君と帰っています。
何から話せばいいの?!




キンダイチ「先輩!!」


あなた「なんでしょう!?」


キンダイチ「さっきのカッターのやつって
先輩やってないですよね?」


あなた「なんで?もしかしてやったと思ってる?」


キンダイチ「いや、一応先輩の口から
"やってない"って聞きたくて」

あなた「あぁ、なるほど。やってないよ
録音もしておいたから!」

キンダイチ「証拠持って及川さんの所行けば
信じてくれるんじゃないですか?」


あなた「私の事信じてくれなかったから
ちょっと痛い目あってほしいから
もうちょい証拠集めてから言う!」


キンダイチ「分かりました。手伝える事あったら
言ってくださいね!」


あなた「うん!!ありがとう」

キンダイチ「先輩の事教えて下さい!」


あなた「うん。話すね。
私中学の時いじめられてたんだ。私は裏切られた。やってない罪着せられた。みんな信じてくれなかった。それから私はあんまり人を信じることが出来ない、あ、あと私ユースなんだ!」


キンダイチ「え?!けどユースに佐々木って
人いました?」


あなた「いないよ!だって私の名前は
神田だからね!」

キンダイチ「バレー界の女神の?!」


あなた「うん。変装取るね!」


キンダイチ「めっちゃ可愛いですね!」

あなた「ありがとう//😊照れる(*´д`*)
あ、だからユースの姿で証拠叩きつけてやろうと思って!だから金田一君が味方なのは
嬉しいし味方って事は分かってるからみんなの
前では何も言わないで!お願い!」


キンダイチ「分かりました!この事を知ってるのは?」


あなた「ユースのみんなと親と先生と幼なじみだけだから言わないで!」


キンダイチ「分かりました!
じゃあおつかれさまでしたー」


あなた「うん!バイバイ〜」






金田一side
ビックリしたな先輩がユースなんて
めっちゃ可愛かったしなあ。けど先輩が
いじめられていたなんて以外だ
及川さん達後悔するといい。









ハートとコメント良ければください!!!