無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🌈




カキカキ✏️





ツウィ
ツウィ
…終わったぁぁ



お風呂上がってから宿題したら



2時間後に終わりました。



という事で今4時半すぎなんですけど



もちろんテヒョンはまだ帰ってこないはず。



私が遊ぶ相手いなくて暇してる間に彼女と楽しんでんのかな?



変な対抗心が生まれてくるよ。😇






ピンポーン ドンドンドン






ドンドンうるさいな。



宅配が来たとしてもこんなにドアをどんどんする迷惑な人はいないよね?



という事は友達なんだけど…



サナとグクはデートだし。



その他の友達なんてほぼ関わりないし。



お母さんはまだ仕事だし。



となるとテヒョンなんだけど…



いくら幼馴染で家が隣で仲が良すぎるにしても



ドンドンはないと思うんだけど?



あの人馬鹿力出したらグクに並ぶくらいだから



ドアが破壊されないか心配😅



外暑いから早く開けに行ってあげなきゃ。







ツウィ
ツウィ
はいはーい





ガチャ🚪






テヒョン
テヒョン
よっ
ツウィ
ツウィ
随分と早いね
テヒョン
テヒョン
あ、待ってたー?😁
ツウィ
ツウィ
安心して、待ってなかった
テヒョン
テヒョン
ねぇ、ツウィ冷たいー
悲しいー
ツウィ
ツウィ
(こういう時は無視が1番)
テヒョン
テヒョン
無視ぃぃぃぃ?!
ツウィ
ツウィ
ねぇ、暑いよ
せっかくクーラーがきいてたのに
テヒョン
テヒョン
じゃあ早く入れてよ
ツウィ
ツウィ
あ、ごめん。
忘れてた




テヒョンを家に入れたのはいいんだけど



全然買い物行く気じゃない。



早く行かないと作らないよ?








ツウィ
ツウィ
ねぇ、買い物行こー
テヒョン
テヒョン
あ、そーだった
行こ行こ!



買い物にレッツゴーします。



テヒョンと行ったらいらない物を買わされまくる記憶しかない。



とてつもなく不安だけどとりあえず行きましょう。



スーパーへれっつらごーごーです。 ((😇