無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🌈




そうなる事は何となく予想してましたよ…





ツウィ
ツウィ
…テヒョン?
テヒョン
テヒョン
せいかーーーーい




無駄に耳がいいテヒョンには



さっきの声が全部聞こえてたようです。🙃






ツウィ
ツウィ
戻ってきてるとか聞いてない。
テヒョン
テヒョン
言ってないもん😁



言ってないもん😁 じゃない。



無駄に笑顔なのどうにかして




ツウィ
ツウィ
普通そういうのって連絡するんだよ?
テヒョン
テヒョン
一応したんだけどさ…
ツウィ連絡先変えたでしょ?😁
ツウィ
ツウィ
…あ




そう言えば1年前に変えたんだった。



それよりもここ外。



しかも夏。今日に限って快晴なの。



結果的に暑いよね。



早くお家に帰りたいよ、テヒョンくん。





ツウィ
ツウィ
とりあえず…じゃあね
テヒョン
テヒョン
ちょっとよくわかんないよー?😁
ツウィ
ツウィ
結構暑いじゃん。
帰りたいよ?
テヒョン
テヒョン
え、幼馴染との感動の再会じゃーん🙁
ツウィ
ツウィ
暑すぎるからそういうのは無理
テヒョン
テヒョン
結構傷ついたぁぁぁぁ
ツウィ
ツウィ
……じゃあね((
テヒョン
テヒョン
あ、母さんが今日は一緒に食事だってー
ツウィ
ツウィ
え、聞いてない
テヒョン
テヒョン
マジ?おばさんに言ったって
母さん言ってたんだけど
ツウィ
ツウィ
(はぁ、お母さん😅)
テヒョン
テヒョン
じゃあまた後でー
ツウィ
ツウィ
あ、うん





先に帰りやがった…



家に帰ってお母さんに言っとかなきゃ



報告忘れてるって事は絶対に10分前に思い出すよね。








🛵💨💨💨🛵💨💨💨🛵💨💨💨🛵💨💨💨




グクとサナが出てきてないの…

ごめんなさい。

ちょっと後になるかも…

少々お待ちくださいね😅