無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

夏祭り前
作者
作者
着替えましたってこないだ言ったんですけどやっぱり書きます!
コロコロ変わってごめんなさい!
作者
作者
では本編どうぞ!
着替えてる時
さんど。
さんど。
おいしゅん!
飛び石のしゅん
飛び石のしゅん
はい?
Aボタン
Aボタン
胸を!
ぷちぷち
ぷちぷち
揉ませてください!
飛び石のしゅん
飛び石のしゅん
えっ、嫌です
さんど。
さんど。
いいじゃんべつに
飛び石のしゅん
飛び石のしゅん
ていうか胸ならぶーちゃんだってそうじゃん
ぶーすと
ぶーすと
えっちょっしゅんさん!?
Aボタン
Aボタン
あったしかに
ぷちぷち
ぷちぷち
じゃあ両方で
飛び石のしゅん
飛び石のしゅん
えっ
ぶーすと
ぶーすと
えっ
さんど。
さんど。
ねぇいいじゃん!
ダメ?(上目遣い)
ぶーすと
ぶーすと
うっ
ぶーすと
ぶーすと
しゅんさん、、、、
飛び石のしゅん
飛び石のしゅん
はぁ
んーまぁいいですよ
Aボタン
Aボタン
よっしゃー!
さんど。
さんど。
柔らか!気持ちいい、
Aボタン
Aボタン
本当じゃん!
ぷちぷち
ぷちぷち
いいなぁ
ぶーすと
ぶーすと
もういいですよね!
さんど。
さんど。
えー
飛び石のしゅん
飛び石のしゅん
えーじゃないです!
雛子
雛子
みんなー早く来て!
飛び石のしゅん
飛び石のしゅん
はーい!
ぶーすと
ぶーすと
皆さん行かないと!
ぷちぷち
ぷちぷち
チッ
さんど。
さんど。
くそー
Aボタン
Aボタン
残念無念
作者
作者
次回こそ夏祭り!