無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話


宮舘side












朝起きると



隣には姫が眠ってる



だけど、今日はなんか苦しそうにしてる


















『あなたおはよう』

『大丈夫?』





あなた「涼太くんおはよう、、」

「ちょっと、きついかも、」





『おでこ触るね』

『熱があるね。めっちゃあつい』





あなた「まじか、、ごめんね、」





『なんで謝るの(笑)』

『体温計とか持ってくるね』





あなた「早く帰ってくる、?」





『1分で戻ってくる』





あなた「、、分かった、!」





『ん、いい子だね』(頭ポンポン)





あなた「ふふっ笑」









俺の姫かわいすぎるでしょ?


















NEXT→