無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話



羽那「あなたちゃん、なんか食べれそう??」






『食べれる!』






羽那「おっけ!じゃあ、お粥とか作るね〜」






『私も一緒に作るよ〜』






羽那「いーの!あなたちゃんは安静にしておかないと!」






『ほんと?ごめんね、ありがとぉ😢』





羽那「いーのいーの!今日の私のミッションは、あなたちゃんを元気にすることだから!」






『ふふっ笑 心強いね 笑』

『あ、LINE?誰からだろう?』






W 咲良
W 咲良
あなたちゃん、なにかあった?
ヒめ
ヒめ
え!なんで!
W 咲良
W 咲良
今日、大学いなかったからなんでだろ〜なぁ、って思って
ヒめ
ヒめ
感が鋭い笑
実は、熱出しちゃって💦
W 咲良
W 咲良
熱!?
大丈夫??
ヒめ
ヒめ
うん!
実は、羽那ちゃんに色々してもらってるの笑
W 咲良
W 咲良
羽那いるの?!
ヒめ
ヒめ
いるよ笑
W 咲良
W 咲良
え、え、私も今からあなたちゃんの家行ってもいい?笑
ヒめ
ヒめ
全然いいよ!
W 咲良
W 咲良
じゃあ、今から行くね!
ヒめ
ヒめ
はーい、待ってるね〜







『咲良ちゃんが来るって笑』






羽那「咲良ちゃん?笑 久しぶりな気がする 笑笑」






ー 数十分後 ー






ピーンポーン






『お!来たかな?』






羽那「ちょっと緊張 笑」






『笑笑 はーい』






ガチャ






咲良「あなたちゃん!大丈夫??」





『羽那ちゃんのおかげでね 笑』






咲良「羽那ぁ〜〜〜!!」






羽那「久しぶり 笑笑」






咲良「おっきくなったねぇ、、」






羽那「お母さん?‪w‪w‪w」






『とりあえず、中入って 笑』






羽那「お邪魔します〜」