無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ラウールくん


ラウール「あなたちゃーん!!よろしくお願いします!」







『元気だねぇ〜笑 うん。可愛い。笑』







ラウール「んふふ〜笑」







『ラウールくんの銀髪、かっこいいよねぇ、銀髪いいなぁ、』







ラウール「あなたちゃんは、黒じゃないとダメ!」







『やっぱり?笑 涼太くんにも言われた〜笑』


『ラウールくんもいつも通りでいいかな、』







ラウール「お願いします!」







『両立って大変だよね〜』


『大丈夫?無理とかしてない?』







ラウール「無理はしてないよ!ちょっと大変だけど笑 阿部ちゃんと照くんがね、勉強教えてくれるんだ〜😚」







『両立って大変だけど、楽しいんだよね!私も学生の時、お仕事してたから気持ち、分かるよ笑』







ラウール「え!!あなたちゃん何してたの!?」







『モデル 笑 ちょっとだけどね笑』







ラウール「モデルしてたのぉ!!!?」







『まぁね?笑』







ラウール「なんの雑誌?なんの雑誌?」







『んーと、Seventeenとか?笑』







ラウール「えぇ〜すご!今はしてないの??」







『うーん、たまーに呼ばれて出るくらいかなぁ』








ラウール「へぇ〜」


「これ知ってるのって誰?」







『えーと、涼太くん、涼太くんの妹ちゃん2人、翔太くんの妹ちゃん、、くらい?あ、矢野さんも知ってるのかな?』







ラウール「翔太くんには言ってないんだ‪w‪w‪w」







『忘れてたんだよね〜笑』


『はーい、ラウールくんかーんせい!⭐️』







ラウール「すごーい!ありがとう😆」







『いーえ!』


『次は、こーじくーん!』










NEXT→