無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

お仕事


岩本「この前、チョコありがとう!笑」







『全然!また来てね!』




『あ、翔太くん!また痩せた?』







渡辺「バレたか、、でも自炊出来ないからUberEATSばっかになっちゃうの。あとサラダ」







『ちゃんとしたご飯も食べないとだよ!うち来たら涼太くんとなにか作って待ってるから、いつでもおいで!』







渡辺「お!じゃあ行くわ〜」







京本「ねぇ、みやちゃん。あなたさんとどういう関係?」







宮舘「え?あぁ、あなたは俺の彼女だよ」







スト「「「かのじょ!?!?!?」」」







阿部「びびったぁ、、笑」







宮舘「おいで、あなた笑」







『はーい!笑』


『姫宮あなた!24歳!5年くらい涼太くんの彼女やってます!笑』







スト「「「ごねん!?!?!?」」」







阿部「びびったぁ、、笑」←







髙地「そうなんだぁ、知らなかった笑」








森本「やだぁ言ってくれたらよかったのにぃ」(おネエ風)







ジェシー「AHAHAHAHAHAHA‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w」







スタッフ「SixTONESさん、SnowManさん、準備お願いしまーす!」







宮舘「じゃあ、行ってくるね」







『うん!って私も準備しないと!笑』







宮舘「そっか笑 頑張ってね」(なでなで)








『涼太くんも!』







佐久間「やっぱ、この2人見てると、心が洗われるわぁ」







田中「それめっちゃ分かります、笑」










NEXT→