無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

こーじくん


向井「どうも!みんなの万能調味料こと、塩麹よりも向井康二です!✨」








『おー!こんな近くで見たの初めて!!!すごい!!』







向井「ほんま?笑 よかった 笑」







『こーじくんは、、左に流すのでいいかな〜』







向井「よろしくお願いします!」







『こーじくんってカメラ好きなんだっけ??』







向井「めっちゃすき!まだまだ勉強中やけどな〜」







『カメラってオシャレだよね〜!かっこいい!』







向井「嬉しいわぁ笑」







『今度撮って欲しいなぁ〜』







向井「ええで!あなたちゃんならいくらでも撮ったる!」







『ほんとに!!?やったぁ!』







向井「あなたちゃんはインスタしよったよな?」







『うん!』







向井「ええな〜」







『こーじくんやりたいの?』







向井「楽しそう!」







『楽しいよ!!』







向井「タッキーに頼んでみよかな〜」







『いいと思う!』


『はい!こーじくんかんせー!⭐️』







向井「おー!ありがとうな!」







『い〜え〜☺️』


『次は〜照くーん!!』









NEXT→