第27話

これがぼくのきもち2.jin
811
2018/02/20 09:13
※これは これがぼくのきもち.jin の続編です。



《☆イニ☆side》



じ「…大好きだよ?」



誰もいない部屋でポツリと呟く。



いつかあなたに想いを伝える時のために
そんなことを練習したり。



でも"大好き"だけじゃ
この想いなんて届くわけないか。



じ「…愛してる?」



そんな言葉じゃ、単純すぎて伝わらないか。



俺は馬鹿だから
あなたが揺らぐ素敵な言葉なんて言ったりできない。



だからせめて
邪魔じゃないならそばにいさせて欲しいな、



_でも。



いつも君が見ている人は
僕じゃなくて、他のもっと魅力がある人。



それを実感するたび
気づかない間に涙が流れたりするんだ。



むしろこの声さえ
あなたに届くことがないんじゃないかって思ったり。



でももしこの声があなたに届くとしたら。



そして、この恋が




___もし、叶うとしたら。



あなたを絶対に守り抜けるようにするから。



だから約束させてよ。



あなたのこと、俺に守らせて?



この言葉をあなたに伝えるために
絶対に諦めたりなんかしない。



だって、あなただけが、好きだから。



これがぼくのきもち / スカイピース

◎ jin part Arrange by ぴぃち .

プリ小説オーディオドラマ