無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

# 4


言うの忘れてましたが

自己紹介は__



SJ
僕は キムソクジン。
大学1年生、ユンギと同級だよ!!
SJ
ちゅっ(*˘ ³˘)♡





謎に最後 投げキッスをしたソクジンさん
YG
ミンユンギ。
俺はジニヒョンと同じ大学1年
だけど 歳は一個下。
HS
はい!僕はチョンホソク、
高校三年生!ナムジュンと同級生だよー
NJ
俺はキムナムジュン。
みんないい奴だから、仲良くしてやってね



そう言って キラースマイルを放つ ナムジュンさん



惚れてまうやろーーーーー
JM
僕はパクジミン、高校二年生。
テヒョンと同級で、気軽にジミンって呼んでね!



お、


糸目で笑うジミンさんはすごくかわいいけど なんだか色気のある人...

TH
やっと僕の番!
えっと、名前はキムテヒョン!
YG
...さんざん待ってて
それだけかよ笑


うわぁ、ユンギさんて笑うと バカ可愛い
JK
俺はチョンジョングク。
高校一年生で、あなたちゃんと同じ高校通ってるよ
you
...えっ?そうなの!?
JK
うん、しかも同クラね。
あなたちゃんのこと知ってたから俺は あの子は無理そうって言ったんですよ?
TH
えっ えっ いいなー
JM
同クラなのに気づかれなかったのかよww
SJ
イケメンなのに...w
JK
...殴っていいですかヒョン?
SJ・JM「すみませんでした。。。」


NJ
君も自己紹介してくれる?
you
あっ はい!
名前はキム・あなたで、
高校一年生です



「「「よろしくねー!」」」































今日も一日楽しくなりそうだ...笑